Native Instruments Kontakt 5 v5.7.3 incl Patch

Native Instruments Kontakt 5 V5.7.3 Patchを摂取します9年前の創業以来、確かにトレイルブレーズの成功があり、多数のサンプルベースの製品の好ましいフォーマットとなっています。その汎用性、柔軟性、そして使いやすさは、初心者や真面目な下のオタクのオタクにとって非常に魅力的なツールになります。Native Instruments Kontakt Crack.シンプルなワンショットサンプルの再生から複雑なスクリプトの仮想楽器の作成への再生から、Kontaktはサンプリングを使ってやるべきことがほとんど何もできないようです。あなたがソフトウェアに慣れず、すべての興奮によって曖昧にされているならば、あなたは次のSOSレビューで、これまでのところ物語に骨を骨に巻き込むことができます:Kontakt 1(2002年8月); Kontakt 2(2005年7月);Kontakt 3(2008年1月);そしてKontakt 4(2010年2月)。
あなたが何かを追加することができることを疑問に思っていたときに、Kontakt 5はあなたがなしでは生きられなかったことを知らなかったサンプルエンパワーディンググッズのもう1つの厄介なものを提供します。新バージョンは、マイナーチェンジとは別にバージョン4と同じ依然として同じままです。インストゥルメント編集モードでは、緑色の配色は塗料メーカーが「Weimaraner」と呼ぶかもしれない淡い茶色の色合いに置き換えられます。
新しいフィルタ
新しいフィルタの中には、LP / HP並列、BP / BP並列、LP / HPシリアルの3つの状態変数マルチタイプがあります。これはそれぞれフィルタペアのカットオフ周波数を分離しています。サイズパラメータがジェンダーコントロールのように動作し、「声道」のサイズを変更するフォーラント1も、「新フィルタは3つの状態変数マルチ型」のサイズを変更します.LP / HP並列、BP / BP並列およびLP / HPシリアルそれぞれは、フィルタ対のカットオフ周波数を分離する完全に調整可能な帯域幅を備えています。形式のパラメータがジェンダーコントロールのように動作し、「ボーカルトラクト」のサイズを変更するフォーマント1も示しています。Native Instruments Kontakt 5 V5.7.3 Patchを摂取しますNative Instruments Kontakt Keygen37の新しいフィルタの印象的なリストを元の16種類に追加し、合計を53にします。新しいSV(状態変数)フィルタは、LP、HP、BP、ピーク/ノッチ、およびマルチカテゴリに表示されます。 NIはそれらをKontaktのための新しい標準として説明しており、レガシーフィルタよりもクリーナーです。古いシンセで見つかったものに基づいている新しいラダーフィルタはまた、わずかに増加したCPUオーバーヘッドのコストでオーバーサンプリングを適用する高品質のオプションとともに、改善されたアルゴリズムを提供します。特に興味深いAR(Adaptive Resonance)フィルタです。これらは、入力の振幅に応じた共振量を調整し、一種のオートリミッターとして機能します。あなたはあなたの心の内容を完全にしてあなたの心の内容に掃除し、あなたのスピーカーと鼓膜が害を受けないという知識の中で安全に掃除することができます。スタークコントラストでは、DATS LPおよびHPフィルタの共振(NIの大型ソフトシンセから借用されています)を自己振動に押し込むことができます。カットオフ周波数を均等に強化したスケールで追跡することで、アナログシンセの古典的な「歌うフィルタ」の効果を簡単に達成できます。例えば、エンベロープ、LFOまたはMODホイールによって変調されたときの位相シフトと同様に。 4種類のSVノッチ4はバイポーラ文字を持っています。25パーセントを超える共鳴値はピークを生み出しますが、低い値は声を上回る2つの新しいフォルマントフィルターです。ボーカルトラクトをシミュレートし、母音は 'OOO'から 'Eee'へずっと聞こえます。これらは、audionerdzによる遅延Lama Plug-Instrumentに精通している人に認められた笑顔をもたらします(断続的なモバイルロジャームーアの眉毛を持つアニメーション歌うチベット僧侶)。遅延ラマはモノラルで、1つの固定波形、封筒やフィルターを1つ持っていて、そして鳴らしていない(そして私はこれを最大の愛情と言う)裸の騒々しく、Kontaktはあなたがマジックで有用なSonic Chatterboxへのサンプルを彫刻するために必要なすべての施設を提供します。ホルマントフィルターの2つの変動は、そのフォルマント1が異なると異なり、鋭い、より焦点を絞った効果があります。新しいフィルタのリストについては、「新しいフィルタタイプ」ボックスを参照してください。
サンプラーエンジンの機能強化
Solid-G EQのコントロールLFおよびHFバンドの下のボタンは、シェルフとベルの曲線を切り替えます。 LMFバンドとHMFバンドの両方に、可変帯域幅(Q)ノブがあります。
Solid-G EQのコントロールLFおよびHFバンドの下のボタンは、シェルフとベルの曲線を切り替えます。 LMFバンドとHMFバンドの両方に、可変帯域幅(Q)ノブがあります。
サンプラーエンジンは3つの新しい再生モードを受け取ります。これらの最も重要なのは、既存の2つのモードよりも少ないアーティファクトを使用して、サンプル再生速度とチューニングを既存の2つのモード(タイムマシンとタイムマシン2)よりも独立した制御を行うリアルタイムで高品質の時間ストレッチアルゴリズムであるTime Machine Proです。これらの両方とも良好な結果を生み出すことができましたが、それらが扱わなければならなかった材料の種類に応じて、それはヒットアンドミスかもしれません。Native Instruments Kontaktシリアルキーループサンプルはしばしばひどく外れた(ループポイントは通常キルターオフにされていた)、そして穏やかな速度の変動でさえ、特に物事を遅くするときに粒状に聞こえそして歪んだ可能性があります。当然のことながら、私はTime Machine Proさまざまな素材をテストし、結果を可変であるが一般的に印象的であることがわかりました。ほとんどの複雑なステレオ素材(フルブローミックスなど)は、金属製のリング(遅く)またはぼやけ品質(より速い)を取得する前に約20パーセントの速度変動をとることができます。パーカッシブな配向された材料は、より広いスピードバリエーションでもう少し良く対応しました。それにもかかわらず、古いタイムマシンモードから品質のステップアップは慎重に明白です。 TM PROは、不可欠な性格を変更せずにサンプリングされた特殊効果の持続時間を微調整するのに非常に便利で、スピードパラメータがホストDAWのテンポに同期される可能性があるため、サンプルされた音楽フレーズの速度は常に残っています。トラックテンポのいかなる変形もあります。 TM Proは2つ、4つまたは8つの音声のポリフォニーを提供し、そしてまた 'Proモード'オプションを提供し、時間延伸サンプルのフォルマントキャラクタを制御する。Native Instruments Kontakt 5 V5.7.3 Patchを摂取します右側のハンディゲイン削減メーターを備えたソリッドバス圧縮機。 Mixノブは、乾式から完全に圧縮された信号から完全圧縮された信号で調整され、右側のハンディゲイン減少メーターを持つ、ソリッドバス圧縮機で並列圧縮が発生します。 Mixノブは、乾式から完全に圧縮された信号から完全に圧縮されています。それぞれアカイ。これらのモードについては、これらのモードについてはほとんどなく、各ドラムマシンのサンプルレートと周波数範囲を複製し、「方法を変更する」と同様にNative Instruments KontaktPDFマニュアルに従って、サンプル再生エンジンのピッチと基本的な取り扱いを変更します。もっと発見するのが好奇心が強い、私はドラム音に2つのエンジンの効果を比較しました。 MPC60エンジンは大きな高周波強調を明らかにしています。すべてが超明るく聞こえます。対照的に、SP1200エンジンの12ビットの26kHzのエミュレーションは、上端からGNATをオフにします。ただし、ドキュメント内に参加したように、ピッチ動作の明白な変更を妨げませんでした。計測器サンプルに対するそれらの効果を比較すると、ループサウンドのループポイントがわずかに変更されていたことが明らかになりました - ここをクリックしているバズ。特にSP1200エンジンで、あるピッチで正弦波サンプルを再生するときに忍び寄る奇妙な追加の高調波はさらに面白いものでした。私はある種のエイリアシングが起こっているだけであると仮定することしかできません。 SP1200およびMPC60エンジンは、機器の音ではなくワンショットドラムサンプルをはっきりとしています。 MPC60の明るい品質とは別に、私の最高のコウモリの耳を寄付しても、ドラムに適用されたときの他の重要な色調の違い(エイリアシング)は私にとって明白ではなかった。私は怒っている12歳のレトロなドラムマシンAficionadosの大群によってこれ以上タスクに巻き込まれます。
すべての非DFDエンジンの場合と同様に、これらの再生モードのいずれかが使用されている場合は、サンプルデータ全体がRAMにロードされます。
スタジオ品質効果
一時的なマスターコントロール滑らかなボタンは、非パーカッション材料でより良い結果を提供できます。
一時的なマスターコントロール滑らかなボタンは、非パーカッション材料でより良い結果を提供できます。
4つの新しい効果がKONTAKT折りたたみに参加しました。これらのうち3つは別々のプラグインとして購入するために利用可能であるので、それらがの一部としてそれらを含めるための本物のボーナスです。Native Instruments Kontakt 5 V5.7.3パッチ。まずSolid-G EQで、おそらくSSLのGシリーズコンソールEQでモデル化されています。この4バンドパラメトリックデザインは、最低周波数帯域で切替可能な棚またはベルカーブを持つ素晴らしい資産です。 Kontakt EQSは常に今までの高度およびローエンドの棚を欠いており、代替品としての高域および低周波数で幅広いQ帯域幅を使用していますが、常に不十分で十分な微妙に欠けているようです。 Solid-Gは、このギャップを完全に充填して、標準のKontaktタイプよりも耳、クリーナー、より多くの「ミュージカル」に充填し、必要な場所だけの光沢、暖かさ、または重みを追加します。ソリッドバスCOMPはSSL G-でモデル化されているようです。シリーズバスコンプレッサーと、また、既存のKontakt効果を高めることができます。しきい値、攻撃(0.1ms~30ms)、比率(1:1.5~1:30)、およびリリース(100msから1600ms + AUTO)は、SSLモデルと同様の機能を提供します。 Mixノブの簡単な調整で並列圧縮が可能で、メイクアップゲインは圧縮後のレベルをバックアップし、便利なゲインリダクションメーターはあなたが物事をどのくらいプッシュしているかについてのビジュアルガイドを提供します。このコンプレッサーはほとんど何でもよく聞こえ、ドラムと一緒に使用されているときは独自に似合わせます。一時的なマスターは、一時的な供給教育仕事の男性の講師ではありませんが、パーカッシブな音の動的な形状を彫刻するためのツールです。Native Instruments Kontakt Crack.2つの主要な彫刻コントロール、攻撃と維持があります。攻撃の正の値トランジェントと負の値はそれらを柔らかくします。慎重なスネアは、スナップと活力を追加することができますが、過度のスパイチギターはミックスではそれほど際立って座ることができます - それらのレベルを変える必要なしにサステインの正の値が一時的なレベルを持ち上げ、音の本体を引き上げますが、負の値は減少し、効果的に短くなります。一時的なマスターは、そうでなければ使用できないサンプルを救うのに最適です。その明らかなピアノはそれが欠けている満腹感を与えられ、過度の周囲のドラムサンプルを乾燥させ、そして丁寧なスネアはあなたの顔の比率まで汲み上げられた。テープセタクタはテープへの過剰記録の効果をエミュレーションし、そしてそれとは異なりません。以前のKONTAKTバージョンからのCathatorの効果。それは低い値で微妙な暖かさを追加し、より高い量の圧縮でより高い値で積極的な歪みを増加させます。それは臓器サンプルに与えることができる穏やかなうなり、特に良好です。暖かさの制御は低周波数を高めたりカットしたり、HFロールオフは12kHzを超える周波数を減衰させます。オーバーサンプリングは高品質ボタンで適用できます。
書き込み時に、グループ挿入効果としてトランジェントマスタが適用されると、正しく機能しません。したがって、それは完全に機能するメイン機器の挿入効果、または機器バスの効果として適用されるべきです。 NIへのクイックコールは、それらがこのバグを認識していることを確認し、それは後続のサービスアップデートで修正されることを確認しました。
楽器バス
ProモードがアクティブなTime Machine Proエンジン。 PROモードでは、スペクトル包絡線(フォルマント)をenv.derとenv.factノブで調整できます。右側のボタンは、2、4、または8音声のポリフォニーを選択します。プロモードがアクティブなTime Machine Proエンジン。 PROモードでは、スペクトル包絡線(フォルマント)をenv.derとenv.factノブで調整できます。右側のボタンは2つ、4、または8音声のPolyphony.Perhapsが最も有用な追加の1つです。Native Instruments Kontakt 5 V5.7.3バスはアンプモジュールと挿入エフェクトストリップの間にネクスされていることがわかります。彼らは、その解決策の問題に対する解決策を提供します。これは一般的なシナリオで最もよく説明されています。ドラムキットを構成するさまざまな要素を処理します。たとえば、さまざまな関節運動 - センターヒット、エッジヒット、リムショット、サイドスティック、フリム、スネアなどで表されます。関節運動はしばしば独自のグループに割り当てられており、それぞれが独自のユニークなレベル設定、またはある種の影響を受けている可能性があります。すべてのSnareグループの全体レベルを調整するには、以前にすべてのグループの最後の挿入効果としてGainerを挿入し、それらをすべて一元的に調整する必要がありました。同様に、コンプレッサーやEQなどの効果を追加すると、すべてのグループ全体で多数の効果を複製することができます。これをすべて効率的に実行することができますInstrument Buses.Sixteenバスはそれぞれに利用できますNative Instruments Kontakt 5.各グループの出力割り当てボタンの下にある宛先として表示されます。すべてのSnareのグループが識別され編集用に選択されたら、単にそれらをインストゥルメントバスに配線します。これで、バスのレベルとパン全体を自らのコントロールから簡単に制御できます.16バスの入り口でも8つのインサート効果のためのスロットもあります。たとえば、スネアバスに単一のコンプレッサーを追加するだけです。関節運動ポリ焦点診断(すなわち、個々のノートごとに効果が計算されている)のグループ挿入効果とは異なり、バス挿入効果は、船外機を使用している場合と同じように、バス挿入効果が単語的に動作します。エフェクト送信は各バスの挿入に追加することができるので、バスの内容にリバーブを追加することは簡単です。各バスからの出力は、デフォルトでメインの機器の挿入効果の直前に戻りますが、これらの挿入効果を回避するオプションもあります。これを選択したバス(そしてそれ自身の効果)を主な効果から完全に分離しています。
結論
特徴的なSolid-G EQとSolid Bus Comp Compressor、トランジェントマスターと優れた新しい楽器バスシステムで武装して、十分に広い範囲のサンプルライブラリを考えると、完全にKontakt内に高品質のトラックを生成することはこれまで以上に実現可能です。サンプルライブラリ開発者も、MIDIファイルプレーヤーを含むKontaktの拡張スクリプトプロセッサ命令セットを歓迎します。これらの改善は、すべてのKONTAKTユーザーがビットをチャンピングしていないかもしれませんが、じんま毒、微調整、微調整のための情熱を持っている人のために、私はこれが必需品のアップグレードであると言うでしょう。その上、バージョン5のために特別に書かれているKontaktベースのライブラリの数が増えるにつれて、アップグレードは迅速に必要となるかもしれません!

インストールする方法:

1)。必要に応じてreadme.txtに命令が含まれています。
2)。それはすべて、完全に楽しんでいます。

Download Native Instruments Kontakt 5 v5.7.3 incl Patch

Torrent Download

Native Instruments Kontakt 5 V5.7.3 Patch.Torrentを含めます



Leave a Reply